三井住友銀行 増額

本当にお金が好きなら財布の中に貯まって行きます。

急な出費があった場合、どこからお金を持ってくるのか。
それはへそくりしかないでしょう。
お金は隠して隠して隠して、やっと隠れてくれるものですから、使う時なんかは嬉しそうに出てくるのが見えて仕方がないです。
お金は使って貰って初めて効果があるので、使わないといけないのです。
お金を道具として見ていれば、大事なところで使うことが出来るモノとして、最後は使う、いつかは使うという意識で準備しておきましょう。
へそくりも、使う為にあると、そう思いましょう。

 

お金が足りずに、パリがバリに…

 

大学4年生の秋、親友と卒業旅行に行こうという話になりました。親友は初海外、私は3度目くらい。
私はヨーロッパに行ってみたくて、旅行会社でフランスやイギリスのパンフレットを収集していました。旅費(航空券とホテル)が、1番安い日でも15万円近くしましたが、バイト代で何とかなると思っていました。
しかし、何とかなると思ったのですが…ヨーロッパは物価も高い。旅費だけで15万円もかかるなら、お小遣いも考えると最低20万円は用意しなくてはならない。バイト代の使い道は卒業旅行だけじゃないことを考えると、非常に不安になってきました。
そこで、親友と2人でデパートのお歳暮売り場で短期バイトをして、旅費を稼ぐことにしました。親友はそれまでバイトをしていなかったので、このバイトで稼ぐお金だけが卒業旅行の予算でした。それで足りるのかな…と他人のことながら心配になっていたのですが、バイトの面接の帰り道に、彼女がぽつりと言いました。主婦 キャッシング 条件
「ヨーロッパは予算的に厳しいかもしれないな」
その言葉を聞いて、私は少しほっとしました。
「うん、私もちょっと厳しいかも。無理せずに、行けるところに行こうよ」
そこで、旅行専門誌(いまもありますかね?エイビーロード)を買って話し合って、決めた行き先がバリ島でした。
お金が足りなかったために、パリに行けずにバリになったわけですが。
結果から言うと、とても良かったです。まず旅費は安かったし、現地での物価も安かった。エステをしてもらったり、オプショナルツアーをつけたり、お土産をたくさん買う余裕もありました。
同級生には親に借金をしてヨーロッパに行く人もいましたが、私たちは自分の出せる範囲のお金で、バリ島を選んでとても良かったといまでも満足しています。

 

ちなみに、ヨーロッパには、社会人になってから何度も行く機会がありました。本当に素敵な国ばかりですが、お金を惜しまずに楽しみたいエリアですね(笑)
お金を持つようになってからヨーロッパに行く機会を持てたこと、そして、ヨーロッパで好きに遊べるだけのお金が持てたことに、とても感謝しています。